総合職と一般職について【採用区分】

今回は、女子大生から良く質問を受ける総合職と一般職について説明します。

スポンサーリンク




総合職と一般職

■総合職とは

【期待されていること】

総合職は、将来的には会社の幹部候補になること、
また組織をまとめるマネージャーとしての

役割を担うことを期待されています。

【仕事の特徴】

総合職は、その会社の企業のコア(核・中心)

となる業務に就くことが中心となり、

3年~数年ごとに担当する仕事の変更(部署の異動)

が行われたり

支社のある会社の場合は転勤を

伴ったりすることが多いです。

やり方が定型的でない仕事や、

お客様の要望に直接対応する仕事が
任されることが多いので、

仕事の内容や、やり方によっては

残業によってカバーする必要が出てきます。

【やりがい】

お客様とのやりとりを含め、

対外的な仕事を担うため
直接お客様の喜ぶ顔を見ることができたり、

お声を聞く機会が多いと言えます。

また、将来的に会社の幹部を

目指していくことは、より責任が増え

大変なことも多いですが、認められた時の

報酬(お給料)のアップや、
苦難を乗り越えた分のやりがいも大きいでしょう

■一般職とは

【期待されていること】

一般職は、社外で勤務するメンバーの

サポート的な立場に立ち、

主に社内で発生する業務について、
継続・安定的に、正確にすすめていくことを

期待されています。

【仕事の特徴】

定型的な仕事が中心となり、

部署を異動することよりは、
同じ勤務地・部署に属してスキルを

高めていくことが多いです。

時期によって仕事の忙しさが

異なることもありますが、
定型的な業務という性格から、

計画的に仕事を進められることが多く
総合職に比較すると残業が少なく、

休暇もとりやすい傾向にあります。

【やりがい】

対外的なお客様よりは、社内のメンバーの

サポート的な立場に立つので
自分の会社の社員を支えていくことに

喜びがうまれます。

また、自分が担当する仕事に対する

習熟度を高めやすいので
より効率よく質の高い仕事を

追求していくことができます。

スポンサーリンク


名称の多様化

■名称も多様化している

最近では、転勤はしたくないけれど、

総合職の仕事をしたい
といった女性の思いを反映して、

転勤のない総合職として

「エリア総合職」や「特定総合職」
といった職種が設けられていることも多いです。

また、一般職の呼び方もさまざま増えており、
最近では「エリア限定職」「地域限定職」

「アソシエイト職」「スタッフ職」
などとも呼ばれています。

※企業によっては、この呼び方の中でも

いわゆる総合職を指していることもあり、
呼び方と合わせて職種の説明を

読んでの判断が必要です。

スポンサーリンク


コース変更

■入社後のコース変更が

できるようになってきた

将来の結婚・出産や夫の赴任、

介護など、長く勤めたいと思うからこそ
今後のことを考えて迷ってしまう方も

多いと思いますが、

最近では入社後にコースを変更できる

会社も増えているようなのでご安心を。

総合職・一般職があり、その双方向からの
コース転換制度を実施している企業は

77%にのぼっているという調べもあります。

コース転換制度、職種の多様化をはじめ

女性の積極活用が重要視されている中、
各企業はさまざまな取り組みを行っています。

ここで紹介した総合職・一般職の

区分はあくまで一般的なものですから
個別の情報は、説明会や面接、

OG訪問で聞いてみましょう。

職種の選択で迷っている時は、

どちらの職種の先輩にも
お話をきくことをお勧めします。

出来る限りの情報を収集した上で、

今、自分が働きたいスタイルと

合うものを選んでください。

本日は以上です。

読んでいただきまして

有難うございました。