就活デビュー7つの準備

前回、就職活動をはじめるにあたって誰でも必要となる準備について、ご紹介しました。今日はもう少し詳しく解説したいと思います。

スポンサーリンク



就職活動デビュー7つの準備

1.就職活動で使用する

パソコンのメールアドレスを決める

就職情報サイトへの登録、

企業からの連絡の受信で必要です。

企業によっては、携帯電話の

メールアドレスは登録不可とされますので
パソコンでも閲覧できる

メールアドレスを1つ決めましょう。

2.就職活動で使うノート、

スケジュール帳を用意する

スケジュール帳とノートを

別に用意するか、ノートに、

予定が書き込めるスケジュール帳の

リーフレットを追加するのがおすすめです。

通常のスケジュール帳に

ついているメモ欄だけで、
はじめは間に合いますが、

途中でページが足りなくなるはずです。

スマートフォンでも、予定管理が

できる時代になりましたが

電話を受けながらスケジュールを

確認することもありますので
極力スケジュール帳は

用意しましょう。

3.就職活動で着るコート、スーツ、

インナー、ストッキングを用意する

全てを新しく揃える必要は

ないかもしれませんが、
入学式の際に使ったものなどは、

サイズが合うかどうか確認しましょう。

4.就職活動で使うバッグ、靴、時計を用意する

バッグはA4サイズのものを用意します。

靴は長時間歩くこともあるので

ヒールが高すぎないもの、足に合うものを。

時計を普段使っていない場合は、

探して電池の確認をしておきましょう。

筆記試験やグループワークなど、

携帯電話ではなく時計が

あったほうがよい場面がたくさんあります。

5.ヘアカラーが明るすぎる場合は

スーツスタイルに合う自然な髪色に

業界によっては真っ黒である

必要はありませんが志望する

業界・企業に勤める方のヘアカラー

は目安になります。

6.履歴書のセットを買う

多くの企業が、エントリーシートと

合わせて履歴書の提出を求めます。
学校の生協で販売されていますので、

購入しておきましょう。

また、練習用に1枚コピーを

とっておくと便利です。

7.スーツ姿で証明写真を撮影する

スーツを用意したら、スーツを

着用して証明写真を撮影しましょう。

履歴書はあなたの分身として

「初回の選考」を受けますので、
面接を受けるときと同じように、

女性は可能な限りメイクをしましょう。

証明写真は、必ず写真スタジオで

撮影する必要はありませんが、
何万人も応募があるような

人気企業で、志望度が高いのであれば、
スタジオできちんと撮影するのもいいでしょう。
これは「優先度が高ければ」といったところです。

スピード写真の場合でも、

ひざに白い紙を置いて撮影すると
光がうまく反射して、明るく撮影できますよ。

スポンサーリンク
hulu

ではやることリストを作りましょう!

さぁ、本気出すかね。何もかもこれから!

という方は、一気に進める必要は

ありませんので『やることリスト』にして、

焦らずに準備をしていきましょう。

本日は以上です。

読んでいただきまして

有難うございました。

スポンサーリンク