グループ面接で自分を出す方法

突然ですが、個人面接とグループ面接、どちらが緊張しますか?(これからの方は想像で考えてみてください)
どちらかというとグループ面接の方が緊張するという方が多いようです。なぜでしょう?

スポンサーリンク



3つの症状と対策

今日はグループ面接で、特に緊張を

引き起こしやすいシーンをもとに
3つの症状と対策についてご紹介します。
————————————————————–
【グループ面接 あるある症状】

1.トップバッターが長く話すと、

自分も同じくらい話さなきゃ損!と焦る
2.隣の人とエピソードがかぶると、

すごく動揺する
3.隣の人の話が素晴らしく聞こえて、

どんどん自信がなくなる
—————————————————————

■トップバッターが長く話すと、

自分も同じくらい話さなきゃ損!と焦る人へ

処方箋⇒他の人のペースは気にしない。
あなたが気にするのは「面接官が聞きたいこと」

「はじめの自己紹介で、トップバッターが

3分以上も話してるんですけど」
こんなこと、よくありますね。

でも、あなたがそれに違和感を感じたなら、

自分の違和感を信じて◎。

「隣と同じ分量だけ話さなきゃ損だわ!」という
オバチャン的な(失礼)考えは捨てて
あなたがその問いに対して、必要と思った回答をしてください。

面接は一方通行ではなく、
面接官と就職活動生のコミュニケーションです。

限られた面接の時間で、ほとんど1つの

回答にばかり時間がとられてしまい、
結局ほかの質問ができなくなってしまう

事例もいくつもあります。

また、隣につられた結果あなたまでもが

「コミュニケーション能力に欠ける」と
思われてしまっては、もったいないですね。

時間が指定されている場合や、

プレゼンテーションの場でない限りは、
基本的な質問に対する答えは

45秒~1分以上になることはないでしょう。

スポンサーリンク
hulu

隣の人とエピソードがかぶると、すごく動揺する人へ

処方箋⇒同じエピソードでも

気にせず自信をもって話す。
エピソードは「主題」ではなく

「手段」にすぎない。

「隣の人も、接客業のアルバイトを

通じて経験している!かぶった!」
こんなことも、よくありますね。

同じエピソードでも自信をもって話しましょう。
「私も」で話をはじめる必要もありません。

あなたの経験と、それを通じて

伝わる内容は自信を持って
世界に1つ、あなただけのものです。

面接は、「経験ご披露コンテスト」ではなく、
「経験を具体例(説明のための手段)として、

あなた自身を表現する場」なのです。

言い換えると
面接官は、「アルバイトの話がすごいかどうか」ではなく
その話を通じて「あなたの能力や価値観」を知りたいのですから。

スポンサーリンク



隣の人の話が素晴らしく聞こえて、どんどん自信がなくなる人へ

処方箋⇒隣の人が面接に通過するかどうかは、
実はあなたの面接通過には「まったく」関係がない。

同じ面接を受けている人が、

「すごい学校ばっかりだ!」
「○○の大会で優勝している!」
「なんか、まぶしいくらい笑顔でキラキラしている!」

こんなとき、自分なんて、

自分なんて・・・と、
どんどん小さくなって

緊張してしまう人もいると思います。

就職活動の本には、「周りは関係ない」

とか「味方だ」と書いてありますが
その本当の意味を、なかなかつかみにくいのでは、

と感じています。

なぜ関係がないのかというと
実際に面接官の立場からしますと,
グループ面接の段階では最終面接でない限り
「内定の可能性のある人は、全員通過させるから」です。

だから、大切なのは「あなた自身」だけ。
隣の人が面接に通過する・しないは、

あなたにとって「全く関係がない」のです。

むしろ、周りの人の雰囲気や

話を気にしてしまって
いつもの力を発揮できないことの方が、

「大いに関係がある」のです。

いかがでしょうか。

周りと比べてしまう気持ちは、

よ~くわかります。
かくいう私も、日頃から周りと比べて

落ち込むの、得意ワザですから!

でも!面接では
自分の感覚とこれまでしてきた

準備を信じて、

自分がその場でベストを尽くすことだけに

集中するのがいちばんですよ。

本日は以上です。

読んでいただきまして

有難うございました。