面接における真実【意外と忘れている重要なこと】

就活では自分を良く見せよう!こうすれば内定でるはずだ、、といろいろと考えると思います。でも実はこれを考えるの忘れていませんか?

スポンサーリンク



就活の不条理

面接において、
「知っているか知らないか」
っていうのは
「超」重要です。

今回紹介する
要点を知っているだけで
面接の通過率も
大幅に変わります。

知らないことであなたが
面接に落ちて

企業から内定を
もらえなくなるのは
もったいないです。

サクサク面接も通過して
内定をもらい、
周りの友人を
見返しましょう!

今日は面接においての
「基本」を抑えて
いきましょう。

①わざわざ自分が不利になる
ことは言わなくてもいい

例えば、「喫煙している」や
「ギャンブルをしている」
なんてわざわざ言う必要は
ありません。

ちなみに銀行系は
「ギャンブル」
に関することを言うと
ほぼ100%落ちます。

ガチです笑

②リクルート面接を侮るな

いわゆる「リク面」
ってやつです。

大学のOB・OGの方が、
わざわざセミナーを開いて
自分の会社のことを
知ってもらうために開いています。

という体裁です笑

リク面でのOB・OGのセリフは
大体「これは先行に関係ない
からね!緊張しなくていいよ笑」

です笑

はっきりいいます。

バリバリあります!

ここで御社が第一志望
って言えなかったら
まず落ちます。

私は、何度もやらかしました。
「御社に興味はありますけど、
迷ってます・・・・・・・。」
とか言ってました。

まぁサイレントで落ちましたよね笑

スポンサーリンク



面接の練習はするな???

③面接の練習はするな!
本音を言え!は・・・嘘!?

嘘ですよ。とんでもないです。
最近よくそのような記事を見ます。

もちろん自分の素を出して
アピールになるなら
いいんですよ。

けど、そうでないなら
仮面を被った方がいい時も
全然あります。

そして面接の練習は
ガンガンしましょう。
聞かれそうなことを
暗記しましょう。

「よく暗記したことを言うと
話し方がぎこちなくなって
落とされる。もっと
本音を出すべき。」

と言う話を聞きます。

だから自分の本音を出して、
アピールになるなら
いいんですよ!

不利になるならきちんと
練習するべき。

ぎこちなくなるのも、
練習が足りないから。
もっと口から自然に言葉が
こぼれてくるくらい

練習するべきなんです。

100回練習すれば、
スラスラ言葉
が出てくるはずなんですよ

④服装には気をつけろ!!

・第一ボタンが外れている
・スーツが汚い
・ワイシャツがグシャグシャ
・靴が汚れてる

・・・・・・・・論外です。

当たり前ですけど
基本的に、企業って
他の企業との交渉や、
やりとりが多いんですよ。

だから、会社に入った時も
第一ボタンが外れている、
だとか服装がだらしない、
っていうのは

基本的にアウトなんです。

スポンサーリンク



落ちる理由はそんなに大きいことじゃない

たったそれだけのことですが、
会社に入ったらもの
凄い重要なことなんです。

そういう細かいことって
相手企業からの信頼に大いに
関わります。

まずはこのブログを
読んだ後は①-④について
実践してください。

まだまだ面接については
大切なことはあるので、
後日書いていきます。

本日は以上で
読んでいただき
ありがとうございました。