就活における理想と現実~大企業病とは~

就活しているとふと気づくのが結局自分何がしたいのかです。そうならないために一度考えてみましょう。

 

スポンサーリンク


就活の軸

みなさん、就活の際に

何を軸に就活していますか?

やりがい?

安定?

年収?

スキルアップ?

ちなみに私は、

「やりがい」と
「スキルアップ」
を軸に就活していました。
 
おそらく私は割と特殊な
部類のほうで、
「安定」と「年収」
重視の人が多いと思います。

いや、別にいいんですよ。
全然それを軸に就活することは

何一つ悪いとは思ってません。

だって、当たり前ですよね?

 

こんな時代ですもの。
安定や年収を求めるのが
普通だと思います。

では、ここであなたに

聞きたいです。

あなたは、あなたが望むような
「安定」や「年収」が

保証されるような大企業に
行けますか??

あなたがコミュ力があって、

成績も学内でトップクラスの
東大生ならその手の大企業だけ
受けてもいいと思います。

ただ、一言、言います。

現実を言わせてもらいます。

そこまで景気が良くない

(回復してきてはいますが)
 
 
この世の中、大企業は大量に
学生を採用しているわけでは
ありません。




TOPクラスの大学でもぶつかる現実

実は東大、京大、東工大など

TOPクラスの大学でも
 
 
就職人気ランキングで
200位以内に入るような
企業に内定するのは
20パーセントと言われています。

そりゃそのはずです。
なんせ、大企業となると

 
 
50~100倍もしくは
それ以上の熾烈な戦いが
待っていますからね。

たとえ東大生でも、

 
 
ESは通るものの、
面接でしっかり自分の
話したい内容が
言えなければ受かりませんよ?

そういう世界なんです。

就職活動って。

じゃあ上記の大学以下は大手企業
受けるなって??

いやいや、違います!

別に東大生や京大生じゃなきゃ
大手企業に受からない

なんてことはないです。
確率はぐっと下がりますが。

ですが、やらないよりはやった
ほうが100倍マシです。

学歴なくてもTOEICや資格、

成績があれば全然逆転の
チャンスがあります。

ガンガン自分の志望業界の最大手
受けてください!

ただし、ただし、学歴や面接に

少しでも自信がない、
いやむしろ自信があっても

大手企業「だけ」を受けるのは、

危険極まりないです。

大手企業に行きたいって気持ち。
すごくわかります。

モテるし、安定してるし、

年収いいですし、自分の
ブランディングにもなるし。

ものすっっっっっっっごい

わかります。

でも大手「だけ」受けるのは

本当にやめましょう。

そこに関しては

プライド捨てましょう。

別に中小に入社が決定するわけ

ではないのだから、変な
プライドは置いといて、
とりあえず内定出すために
 
 
中小企業を受けましょう。

そして、大手の面接が

始まる前に

「中小企業も受けてください」

 
もう一度いいます。

中小企業も

ガンガン受けてください!!

スポンサーリンク



中小企業を早い時期に受けるべき3つの理由

①例え中小企業でも

「内定を持っている」
という安心感はとても大きい

②中小企業の面接でたっぷり

練習してください。
大手の面接前にたっぷり練習
してください。

③大手の面接の時期が終わると、

内定の出なかった学生が
中小企業に殺到する。

だから大手企業の面接が

始まる前が
中小企業の穴。

大手の面接前にとりあえず中小
にもアタックしてみるべし!!

 
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。