ニセ情報に踊らされるな!先輩のせいで内定を逃して就職浪人になってしまう!

一日でも早く就活を終えて、志望する会社の内定をゲットしたい!そんなあなたを心から応援します。今回は、「体験談」の扱い方についてお伝えします。

スポンサーリンク



体験談の扱い方

就活をしていると、
「内定を獲得した先輩の体験談」を
聞く場面があったり、

サークルやクラブの先輩などから、
さまざまな情報が届けられます。

「黒縁眼鏡は落とされるらしい」
「ネクタイは何色のものがいいらしい」
「書類選考はこう書くと通る」
「面接ではいかに目立つかが大事だ」
・・・

などなど、まことしやかにささやかれます。
就職情報サイトなどを見てみると、
さらにたくさんの情報が渦巻いています。

内定をゲットしたい学生さんにとって、
それら、すでに内定を勝ち取った人の情報や、
先輩の話というのは、貴重な情報源です。

もちろん、それらの情報が、
すべて間違っている、とは言いませんが、
その内容と根拠を吟味する必要があることは
言うまでもありません。

ところが、ついつい、
鵜呑みにしてしまう学生さんが

多いのですよね。。。

このことを知らないまま、
先輩の話を聞いてしまうと、
あなたは就職浪人に向けてまっしぐら!!

落ちる理由もわからないまま、
内定を逃し続けてしまうでしょう。

逆に、このことを知ってさえいれば!
それだけで、あなたは他の就活生より
確実に一歩リードします。

そして、情報に踊らされて
右往左往することなく、
ゆとりを持って、自分らしく
就活に臨むことができるのです!

その差は、知るか、知らないかだけ!
ぜひ、読み進めてみてください。

結論から言います。

その「誰かの体験談」は、
「あなた」には通用しません。

なぜなら、それは、
「その人が勝手にそう思っている」
ただ、それだけの情報だからです。

その人は、内定が出た理由を、
人事担当者に確認したのでしょうか?

ほとんどの場合は、
「私はそう思っている」という
独断と偏見でしかありません。

私が教えている大学で、
現実にあった体験談を紹介しましょう。

スポンサーリンク
hulu

体験談

「その会社のテーマカラーは緑でした。
 ですから、私は面接の日、
 緑色のネクタイを締めていったら、
 見事、内定がもらえました!」

これ、本気で、そう思いますか?
いや、「ネクタイの色」の問題ではなくて、
「別の何か」が、その人を内定に

導いたのですよね?

冷静に考えればわかるはずなのですが、
その体験談を聞いた学生さんたちは、
なぜかそうは思いません。

「そうか。ネクタイは緑が良いんだな」
と、鵜呑みにして、
まことしやかに、その情報が流れるわけです。
そして、私たちの所に相談に来るときには、

「ネクタイは緑色が良いと聞きました。
 自分は持っていないのですが、
 買った方がいいですか?」

となるのです。

少しでも内定への可能性を上げたい、
という気持ちはわかります。

内定が出ず、ワラにもすがりたい

気持ちはわかりますが、
訳がわかりません。

「自分はこうやったから、内定をもらった」
という話は、山のように
あなたのもとに届いていることでしょう。

しかしそれは、
「誰かが勝手にそう思っているだけで、
 本当のところはわからない」

「それは誰かの体験談であって、
 自分に当てはまるとは限らない」

という視点を持つことを大切にしてください。

あなたが今、「そうかな?」と思いつつ、
踊らされている情報はありませんか?
そのことについて、あらためて
「本当に?」と考えてみましょう。

先ほどの例で言うと、

「ネクタイが緑色だったら通る」
  ↑
「本当に?」

このとき、「ウソだろ?」とか
「そんなはずないじゃないか」

という考えが浮かんだのなら、
その情報は信じる必要はありません。

「あなた」には当てはまらないのです。

遠慮なく、その情報を破棄しましょう。

そして、「そうかもな」「そうに違いない」
もしそう思ったのならば、
次に、他の誰かに聞いてみてください。

そのときは、就活仲間はやめましょう。
両親でもいいですし、バイト先の店長でもいいです。
できれば「社会人」と言われる人がいいですね。

その人からも「そうだよ。当たり前じゃないか」
という答えが返ってきたのなら、
まずは信じてみてもいいかな、
という候補にあがります。

その人から「は?」「何を言ってるの?」
という反応が返ってきたのなら、

その情報は破棄です。

では実際に、

今、あなたが気になっている情報について、
「本当に?」と、冷静に考えてみましょう!

先輩のせいで、
内定を逃し続けるなんてイヤですよね?

心にゆとりを持って、
自分らしく就活したいですよね?

それならば、まずは冷静に、
「本当に?」と問いかけてみる!

あなたの周りにある、

ニセ情報に踊らされないでくださいね!

本日は以上です。

読んでいただきまして

有難うございました。

スポンサーリンク