OB訪問が必要な3つの理由

本日はよく、「OB訪問ってしたほうがいいですか?」という質問をいただきますので、OB訪問のメリットをお話したいと思います。

スポンサーリンク



OB訪問が必要な3つの理由

(1)リアルな情報を聞ける・雰囲気を感じられる

このメリットについては

十分イメージしやすいと思いますが、

業界や仕事の詳しい内容や現状、

よい意味で生々しい

仕事のやりがいや難しさ、

同業他社との違いなどは

実際に働く人から話を聞くのが一番です。

インターネットでの情報や、

書籍では得られないリアルな情報や、
仕事のイメージを深めるような知識を

得ることができます。

就職活動では、「憧れ」だけで

志望動機を話す方が多いですが、

正しい業界・会社・仕事のイメージを

もって志望動機を語れる方は

圧倒的に話に納得感や深さが出ます。

またOB訪問の段階で、

少しでも自分の強みや興味が

分かっていれば

「自分は○○が得意だと思っているのですが、

実際の仕事で活かすことはできそうでしょうか?」

といったように、実際に仕事に携わる人

からの意見を聞くこともできるでしょう。

また、情報だけではなく、

実際に話をすることで
その会社で働く人の雰囲気を

肌で実感することができます。

自分が実際に感じたことは、

第三者からの話や文字情報とは
比較できないほど、重要な感覚です。

スポンサーリンク
hulu

(2)社会人のコミュニケーション・マナーに慣れる

たとえ、OB訪問をした結果として、

聞いた業界や仕事を志望することに

ならなかったとしても、OB訪問は

社会人の方と話す機会として、とても有効です。

学校生活では、同じ年代の方との

コミュニケーションが多かった方もこれからは、

面接や、実際の仕事で様々な年齢・立場の方と
コミュニケーションを取っていく必要が出てきます。

面接では、「敬語」や「マナー」に

慣れているかどうかで緊張の度合いや

相手への印象が大きく変わります。

その準備段階として、OB訪問をすることは
訪問の約束をするところから、

実際に初めて会って、会話をするという

全てのプロセスが、敬語やビジネスマナーを意識した
コミュニケーションに慣れていく貴重な機会になります。

(3)「働く」心がまえの準備、意識を高めることができる

すでに社会に出ている先輩は、
自身の成果によって報酬を得る

という活動をしている方ばかりです。

就職活動では、これまでの

「サービスを受ける側」から
「働いて価値を提供する側」へ

意識を切り替えていく必要があります。

この「働く」という意識への

切り替えのために、いちばんの近道は

実際に働いている人の考え方や

意識を吸収することです。

意識の違いは、面接での

受け答えで「圧倒的な差」となります。

社会に価値を出すやりがいや、

仕事の厳しさについて
多くの「社会人の先輩」から

たくさんの話を聞くことで、

ビジネスパーソンの考え方に、

みなさんの意識を切り替えていきましょう。
OB訪問の機会は、積極的につくっていくことを

おすすめします!

ちなみに自分もOB訪問を受けた時は

実際嬉しかったし、極力人事の人にも

しれっと話すようにしていたので

積極性は評価されると思います。

次回は、OB訪問の注意点について、

一部ご紹介したいと思います。お楽しみに。

本日は以上です。

読んでいただきまして

有難うございました。

スポンサーリンク