面接の自己採点の仕方

自分なりに納得のいく進路を見つけるために内定を得ながらも就活を続けている就活生からいい質問を受けたたためシェアします。

スポンサーリンク



自分の面接に点数をつける

面接の最後に、こう聞かれることがあります。

「ところで、あなたの今日の面接に点数を

付けるとしたら何点ですか?」

(????そんなの分かんないよー)←心の声笑

さて、あなただったらどう答えますか?

自信を持って「90点です!」と言って

おいたほうがいいのか。

あるいは、謙虚に、「50点くらいです、、、」

と言っておいたほうがいいのか。

答えは、、、 特に何点でもいいのです。

(極端に、30点とか、100点とかは引きますが、、、)

問題は、点数そのものではありません。

では何を見ているのか?というと、

スポンサーリンク
hulu

何を見ているか?

その点数を付けたあなたの「理由」、

客観的に自分を評価できているかの

考え方です。。

点数だけでなく、必ずその「理由」を

聞かれるはずです。

それはつまり、、 自分自身を客観的に見て

評価できているかどうかが

見られているということです。

いったん面接を振り返ると、自分でいろんな

気づきがあるでしょう。

・できたこと

・できなかったこと

・言えたこと

・うまく言えなかったこと、、、

「○○はできた(言えた)けれど、

××については、うまく言えませんでした。

だから総合して××点くらいです」とか。

自分のことを冷静に見てそれを言えれば、

面接官にも「お、自分でも分かっているんだね」

と思ってもらえるでしょうし、

逆に面接官から見ていまいちなのに、

それに自分でも駄目だなと思っているのに、

無理して「きゅ、95点です!」と言ったら

「オイオイ、、、これでその点数か!?」

と思われてしまうでしょう。

つまりここでも、無理に背伸びをせず、

「できたこと・できなかったことを入れ込んでの点数」

を素直に付けるのが一番です。

この質問は、それまでの質問とちょっと違って、

自分をいったん振り返りながら、

考えながらの答えになるので、

いつも以上に間をとりながら、

落ち着いて答えることができます。

そしてさらに、この質問が来たら、

「本当は、さきほどの~の質問では

~と答えたかったのですが・・・」と

さっきの不発を挽回もできる!

いやな質問が来た!と思わずに、

あ、ラッキーかもと思って、活かして下さい。

本日は以上です。

読んでいただきまして

有難うございました。

スポンサーリンク