説明会で質問が思いつかない!【あなたへの思考力アップ法】

今回は積極的にいきたい「会社への質問」です。面接や説明会で、必ずと言っていいほど聞かれる「それでは、何かご質問があればどうぞ。」「何か聞きたいけど聞けない~!」と、なりませんか?

スポンサーリンク


質問を求める意味

そもそも、企業はなぜ質問を問うのでしょうか。

就職サイトや説明会などの場では、企業は

不特定多数に対して限られた時間と

スペースを使って、最低限の情報や、会社として

アピールしたいポイントを提供しています。

でも、あなたと、たとえば隣に座っている人は

興味のポイントも違えば、会社選びの軸も違う、

きっと知識も違いますよね。

つまり、ひとりひとりが会社を選ぶために

必要としている情報は、就職サイトや説明会で

発信される内容だけでは、不足するのが自然なのです。

だからこそ企業は、

「あなた自身が、会社への理解と興味を

深めるための情報を得てほしい」

という気持ちで質問を受けているのですが、

最近、FacebookやTwitterなど大量に

流れている情報を受けうまく整理することに

慣れた反面、自分に必要な情報を自ら考え、

取りに行くことが苦手な人が増えたように思います。

おこりがちなケース:

説明会で聞いた情報で、

知りたいことは聞けたので
質問が思いつかないという状態。

まだ、働くということへのイメージが

深まっていない段階に起こりがちなのが、
「説明会で、充分に情報は聞けた(気がする)」

というパターンです。

こんなときは、企業について、

自分が「いいな!」と思ったことや

逆に「心配だな、困ったな」と

思ったことに着目しましょう。・・・①

次に、そのいいな!と感じる根拠に

なった情報について・・・②

「自分が聞いた情報だけで、

よいという判断ができるのか?」

と、たちどまって自分に「疑ってみる」

という作業をします。・・・③

すると、「これも聞いた方がいいな」

「ここはもう少し詳しく聞いておこう」と

いうことが1つは出てくるはずです。・・・④

そこが質問のポイントです。・・・⑤

スポンサーリンク


考え方

例1:
①いいな」と思ったきっかけ:

グローバルな展開に魅力を感じた!

自分も海外で活躍できる人材に

なりたいと思ったからだ。

②自分が聞いた情報:

海外にある支店の数と都市

③疑ってみる:

これで、本当に自分が海外で

活躍できると判断できる?

⇒この情報だけでは、

自分が海外で働ける可能性が

あるのか、わからない・・・

もしチャンスがあるとして、事前にどの程度

の語学力が必要なのか心配・・・

④不足している情報:

入社後の海外赴任のチャンスや、

必要な期間・能力

⑤質問したいこと:
■入社後何年程度で海外赴任の

機会があるのか、
■海外赴任にあたって条件としている経験や

英語力はどの程度なのか

例2:

①「いいな」と思ったきっかけ:

子育てをしながら働ける環境に魅力を感じた!

私は出産後も、同じように仕事を

続けたいと思うからだ。

②自分がもっている情報:

子供が○歳になるまでの、

時間短縮勤務ができること

③疑ってみる:

これで、本当に出産前と同じように

仕事が続けられると判断できる?

★この情報だけでは、

自分が、いままで通りの仕事を

続けられるのか、わからない・・・

制度があるのはわかったが、

活用されている実態がわからない・・・

④不足している情報:

制度を利用した人の例や、

任される仕事の変化について

⑤質問したいこと:
■制度を利用する人はこれまでどのくらいいるのか

■制度を利用するときは、今までと

同じ仕事を続けられるのか、それとも部署を異動するのか

————-

質問がないという状況からの脱出ポイント

・与えられた情報だけで満足しない。

・自分の聞いた情報だけで、

「いいな」と思ったことや

心配に思ったことが判断できるのか、

一度疑ってみる。

・しっかり判断する(=理解を深める)ために

まだ不足している情報を質問する。

—————-

スポンサーリンク


まとめ

いかがでしょうか?

はじめは少し時間がかかるかも

しれませんが、与えられる情報を

全部吸収するのが得意なのに

「質問が思いつかない!」というあなたは、

慣れるまでは、ぜひこの考える

順番を意識して、本当に自分にとって

必要な質問を考えるという練習をおすすめします。

この練習を積んで出てくる質問は、

「場つなぎ」でも「とりあえず」でもない

「本当に企業選びに役に立つ」

「意欲が伝わる」ものになるはずです。

もちろん、社会経験がない状態で、

「足りない情報」をすべて

拾うのは、難しいこともあると思いますので、

やっぱり思いつかないときは、

遠慮なくご相談ください。

本日は以上です。

読んでいただき

有難うございます。