志望動機の基礎

使いまわしが出来ずエントリーシートを書くところから、最終面接まで最後の最後まであなたを悩ませるのが「志望動機」ではないでしょうか。

スポンサーリンク


志望動機の基礎

正直、就職活動をはじめたばかりでは、とにかく知っているところと、気になるところにエントリーしただけで志望動機って言われてもなぁ・・・

というのがあなたに限らず多くの方から質問を受けています。

では、さまざまな面接での志望動機の深め方、伝え方もお話していきたいと思いますが、まずは志望動機の基礎について。

たとえば、合同説明会に行って、A社の説明を聞いたときに
なんだかとても「ワクワク」したとします。これが「感情」です。この感情を感じたら、チャンス!ですそこで説明が終わったら、帰り道でも、家に帰ってからでも構いませんのでなるべくその日のうちになぜワクワクしたのか?」を今度は「論理」的に掘り下げてみましょう。

スポンサーリンク


ではどうするか?

その理由は

・会社の成長性を感じたからか?
・○○という仕事にやりがい

があると感じたのか?

・会社の「顧客満足を第一に考える」理念に共感したのか?
・自分が携わりたい「○○」の領域で、技術力が高いと知ったからか?
・女性の管理職が多数輩出されていると聞いたからか?

そこで考えたことを、どんどん「掘り下げていく作業」と「確かめていく作業」を、就職活動では行っていくのですが、とにかくはじめの段階では、「いい!」と思ったことを「なぜいいと思ったのかな?」と考えることからはじめてみましょう。

しっかり言葉にすることが大切です。まずはこの癖がつけば、全ての就職活動が自分の役に立ちます。就職活動は、進めば進むほど、ぐるぐる頭で理屈を考えがちですが、答えは、いつも自分の心にちゃんとあります。

本日は以上です。読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク