原点に帰りましょう「なんのために働くのか」

今日は就活生もこれから始める人も原点に帰り、何のために働くのか?何のために就活するのか?ということの整理をしましょう。

スポンサーリンク



何のために働くのか

意外と質問すると

「えっ、就活ってするものじゃないの?」

ときょとんとする人が多い質問です。

周りも就活しているし、自立しないといけないし・・・・

本当にそうでしょうか?

同世代の人をもっと幅広く眺めてみると、

進学する人も、留学する人も、起業する人もいます。

お店やアトリエなど師匠の下に修行する人も、

今働いているアルバイト先に就職する人も。

教師や公務員など、企業への就職

ではない人もいます。

だから就活をするのは自然でも、

しょうがないことでもなんでもなくて、

自分で選択していると思った方がいいし、

思考停止にならずに「理由」をもっているべきです。

その理由や目的がベースになって、

志望動機や、いわゆる会社選びの軸になります。

何のために自分は働くのか?
何のために企業に就職するのか?

今はわからない、という人でも

それを考えながらインターンシップや

選考に取り組んでいくと自分のエンジンになる、

見えてくるものがあるはずですよ。

参考のために、キャリア心理学者、

ドナルド・E・スーパーが『仕事の重要性研究』で

特定した人が仕事に求めている

14の労働価値をあげておきます。

能力の活用(自分の能力を発揮できる)
達成(良い結果が生まれたという実感を持てる)
美的追求(美しいものを創りだせる)
愛他性(人の役に立てる)
自律性(自分の力だけでやっていける)
創造性(新しいものや考え方を創りだせる)
経済的価値(たくさんのお金を稼ぎ、高水準の生活を送れる)
ライフスタイル(自分の望むような生活を送れる)
身体的活動(身体を動かす機会が持てる)
社会的評価(社会に広く仕事の成果を認めてもらえる)
冒険性、危険性(わくわくするような体験ができる)
社会的交流性(いろいろな人と接点を持ちながら仕事ができる)
多様性(多様な活動ができる)
環境(仕事環境が心地よい)
あなたの働く目的は、何ですか?
ひとつひとつのキーワードから、

より自分の気持ちを具体的に

突っ込んでみるといいですね。

本日は以上です。

読んでいただき

有難うございました。

スポンサーリンク